椎間板ヘルニアで坐骨神経痛そして片頭痛もある

椎間板ヘルニアで坐骨神経痛そして片頭痛もある

膀胱炎や過度な緊張によってトイレが近い

問題は水を飲み過ぎる状況ですが、直接飲むばかりでなく結果として水分を多量に摂取すればトイレが近い事へと繋がります。
コーヒーやお茶を飲むとトイレが近いと言われるのは、カフェインによる作用も無視できませんが水分の過剰摂取の可能性も捨て切れません。
お酒を飲んでトイレが近いのは、ほとんどの場合この水分の過剰摂取が原因と考えて良さそうです。

 

トイレが近い、けど水は飲み過ぎていないという場合も当然あるでしょう。
無自覚のうちに過剰摂取している可能性も拭えませんが、身体的な異常からトイレが近いと感じるようになっているのかもしれません。
冷え性に悩まされる方の多くが、トイレが近いと感じているようです。
冷え性と言えば女性に多く、そのためトイレが近いと感じる方の多くが女性という事になってきます。
もちろん、だから弾性は無関係という事はなく体が冷えていればトイレが近い状況に陥るかもしれません。

 

また、膀胱炎や過度な緊張によってトイレが近いと感じる事があるようです。
考えてみると、何か緊張するような場面でトイレが近いと言って駆け込む姿を見るような気がしませんか。
膀胱炎で血尿がでてきたり、色々な原因が潜んでいるため、まずは自分のトイレが近いケースをじっくり考えてみる必要があるでしょう。
ブログやサイトからも、トイレが近い原因と解決法についてチェックすることが出来ます。

腰痛と足の痛みが治らない

腰痛で病院へ行っても、レントゲンを撮られて、湿布を貰って終わるように思います。
ですから、病院へ行かずに腰痛を治したいと考えてしまうのです。
しかし、こうも腰痛と足の痛みが治らないと、やはり病院へ行くべきなのかと考えてしまいます。
ストレッチをしても、水泳をしても、ウォーキングをしても、自分の腰は全く良くなる気配がありません。
小説家という仕事柄、長時間椅子に座っているのが足の痛みにいけないのでしょうか。
長時間座っているのが原因であることはなんとなく分かっているのですが、立って仕事をするわけにはいきません。
ですから、1時間ごとに休憩を取り、そして僅かの時間、腰や肩を回したり、背筋を伸ばす運動をしたりして、
長時間座り続けることがないように気をつけてもいます。

 

それでも、自分の腰の痛みは軽くならないのです。
腰痛がひどいときは、真っ直ぐに立つことも難しく、トイレへ行くのも億劫になってしまいます。
筋肉が凝り固まっているのが原因かもしれないと、マッサージへも通ってみました。
マッサージは大変気持ちがよく、ベッドの上で眠ってしまうぐらいです。
しかし、足のしびれが気持ちが良いのはマッサージを受けているその時だけで、数時間も経てば、また、腰が重く感じてしまいます。
この足のしびれを、死ぬまで抱えて生活しなければならないのでしょうか。
そう考えると気分も憂鬱になり、仕事もはかどらなくなってしまいます。
誰か、足のしびれを治す良い方法をご存知ないでしょうか。

あまりの片頭痛に病院へ通いました

私は専業主婦で、普段は家事と育児をこなしています。
運動不足を解消するために、普段は自転車に乗るようにしていて、自動車は一切乗っていません。
食事にも注意を払い、なるべく野菜中心の食生活をするようにしています。
その成果なのでしょうか、主人は会社の健康診断で、常に「異常なし」と診断されています。
しかし、私の体には異変が起こり、片頭痛で悩まされるようになってしまいました。

 

あまりの片頭痛に病院へ通いましたが、処方されるのは痛み止めとビタミン剤ばかりです。
様々な検査を受けたのですが、ストレートネックだけで異常が見当たらなかったので、医師は痛み止めを処方する以外、思いつかなかったのでしょう。
片頭痛で病院へ行って、痛み止めとビタミン剤を処方され、それを毎食後飲み続ける日々。
薬が手放せなくなって、もう、ストレートネックのリハビリが半年も経つでしょうか。
半年も病院の薬を飲み続けていると、そのうち薬の効果がなくなってしまうのではないかと、不安な毎日を送っています。

肩こりで腕の痛みがある

だって、まさか「肩と腕のしびれで仕事を休ませてください」って会社に言えますか。
言える人もいるでしょうけど、若い人たちにわたしの仕事量を任せられるものではありません。
とにかくわたしとしては、そうそう簡単には仕事を休めない状況ということなのです。
多少の肩こりや腕のしびれになど構わず、歯を食いしばって仕事をし続けるしかないのです。
そして、会社には悪いのですが、肩がこって仕方がないので、仕事の能率は落ちています。
ただこれは、気持ちの問題でどうにかなるものではないので、やむを得ないと思っていますが。

 

わたしはもう50歳近くなり、このままいつまでも会社にいられるわけではありません。
わたしがこなしていた仕事量も、後輩社員に引き継いでいかなければなりません。
定年まではまだ10年ありますが、そろそろ少しずつ引き継いでいきたいです。
もちろん、今の働きの中で、それができる余裕があれば、という仮定の話ですが。
ただでさえ仕事量が多いのに、肩こりで腕の痛みがあり能率が落ちているとなると、なかなか引き継ぎもできません。
しかも、年齢的なこともあるのでしょう、家に帰っても疲れがなかなかとれません。
前日の疲れが回復しないままで仕事に向かい、また疲れるので、腕の痛みで疲労がたまる一方です。
このままあと10年も働き続けられるか、心配しながら仕事をしている毎日です。

パニック発作でうつ傾向にある

パニック障害の症状は、胸がドキドキして息ができなくなったり、このままでは死ぬんじゃないかと思ったりします。
また、気が変になりそうなど強い不安感に襲われ、突然激しい発作が起こるのもパニック障害の症状です。
これらのパニック障害の症状は不定愁訴と呼ばれ、誰もが想像もつかないもので、思いもよらない事態が発生します。
一時的にパニック状態に陥ることは誰にでも起こりますが、パニック障害の症状は、それが頻繁に起こります。
特にこれといった原因もなく、体にも悪い所があるわけでもないのに、パニック障害の症状は出るのでやっかいです。
パニック状態に陥るのが、まさにパニック障害の症状で、これは生物として当たり前の反応なのですが、異常な反応を示します。
実際には危険が迫っていないのにもかかわらず、非常事態と判断して、色々なパニック障害の症状が出るのです。

 

パニック障害の症状は、いろいろな心身の反応を起こしてしまうことが原因ですが、まだ解明されていません。
決して珍しくない病気で、100人に1人がパニック障害の症状に苦しんでいると言われています。
そんなに珍しい病気ではないのですが、パニック障害が日本で認知されてきたのは、まだごく最近のことです。
パニック障害の症状は、慢性化することもあるのですが、特に命に関わるような大きな病気ではありません。
うつ病を克服するサイト

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ